クライアント

イマジオンのクライアントは流通、金融、製造、サービス業など広範にわたり、中小企業から大企業まで規模も様々です。年間100超のプロジェクトを手がけ、各クライアント独特の問題や課題解決に努めています。各クライアント又は各プロジェクトに対し、プロジェクトチームを構成し、クライアントのニーズに対応しています。

プロジェクト事例

  • 人事担当フルアウトソーシング (1~30人の従業員を有する企業向け)

    • 人事担当のいない会社に対して有効です。本業に忙しい経営者に代わり、従業員とのコミュニケーションや書面作成、リサーチなどを代行します。また経営者が意思決定を行うにあたり、参考となる指標の提供やメモのドラフト作成などを行います。あるお客様ではコンサルタントを「現地人事担当」として紹介し、社内人事担当として定期的にオンサイト訪問し、従業員からの要望やクレームを引き受け、経営者に最適な解決策を提示すると共に、時には直接従業員に対応します。

  • 中立な第三者専門家として (10~100人の従業員を有する企業向け)

    • 経営者が率先的に人事に対して取り組む場合、あるいは現場に人事担当者(駐在員、あるいは現地採用)がいる組織に有効です。基本的には社内コミュニケーションは社内で行いますが、客観的な第三者として弊社をご紹介頂きます。社内での研修や人事データベース、給与情報などを提供し、社内人事チームは「公平な情報」として弊社を適宜利用します。また、人事トラブルシューティングとして困った時に相談できる窓口としてもご利用いただけます。

  • 信頼できる完全外部リソースとして (30~300人の従業員を有する企業向け)

    • 社内に人事ディレクターなど専門家がいる場合に有効です。組織の従業員はイマジオンという組織の名前を知らない状態で、社内の人事担当が組織内の人事問題に対して全て取り組みます。弊社としてのお手伝いは、完全に黒子と徹し、人事担当が忙しい時に調査やドキュメント作成を代行を行います。また駐在員の経営者にとっては、人事の社内の専門家が提示してきた条件が他者と比べて、また米国人事において妥当かどうか比較する情報材料としてお使い頂けます。社内に人事専門家がいる会社にお勧めです。